教育訓練給付制度のご案内

教育訓練給付金とは?

働く人の能力アップを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
一定の支給条件を満たす方が、当校で設定する厚生労働大臣指定講座を受講し、修了した場合、支払った教育訓練経費の20%(上限10万円)がハローワークから支給されます。詳しくはハローワークまでお問い合わせ下さい。

受給資格は?

①在職者のうち、支給要件期間(雇用保険の被保険者として雇用された期間)が通算3年以上ある方。(初回に限り1年以上の方)
②離職日の翌日以降、受講開始日まで1年以内かつ、支給要件期間が通算3年以上ある方。
③過去に教育訓練給付金制度を受けたことがある方は3年以上経過していること。
④65歳未満の方。

受給資格の確認

ご自分の条件可否については、ハローワーク発行の「教育訓練給付金支給要件照会票」を住所地のハローワークに提出し、発行された「教育訓練給付金支給要件回答書」でご確認下さい。

①住所地のハローワーク窓口で、「教育訓練給付金支給要件照会票」を提出
 ・電子申請による届出も可能です。詳しくはハローワークまでお問い合わせください。
 ・氏名、住所以外の記入項目欄を事前にご確認ください。
  →「指定番号」「教育訓練施設の名称」「教育訓練講座名」「受講開始(予定)年月日」「訓練の種別=1」
②「教育訓練給付金支給要件回答書」を受け取り、支給対象であることを確認
 ・ご予約時に支給対象であることをお申し出ください。
 ・回答書は入校時にご持参ください。

支給額は?

教育訓練給付制度の対象となるのは「入学金」+「受講料」で、この合計金額の20%が支給額です。
(支給上限額は10万円で、4千円を超えない場合は支給されません)
※合宿免許の教習料金には、交通費・宿泊費・食費・検定料なども含まれますが、これらは支給の対象外です。

教育訓練講座と料金

注)下記プラン以外は、教育訓練給付の支給対象外です。
教習に要する日数や保証内容などは取得できる免許ページから、ご希望の教習車を選びご確認ください。

仮免費用=仮免許学科試験料1,700円(非課税)+仮免許交付手数料1,100円(非課税)
→仮免許学科試験料は1回あたりの費用で、合格するまで受験毎にかかります
→仮免許を取得しない場合(所持免許によって異なります)は不要です。
基本料金のうち、入学金や受講料などが訓練対象の金額(経費)です。

受給手続き

受講修了後、1ヵ月以内に、住所地のハローワークで支給申請手続きを行います。
  ※期間を過ぎると給付が受けられなくなりますのでご注意ください。
  提出書類
   ・卒業時に当校より発行される書類3点
      ①教育訓練給付金支給申請書
      ②教育訓練修了証明書
      ③領収書
   ・本人確認書類(運転免許証など)
   ・雇用保険被保険者証
   ・印鑑
約1週間後に、指定口座へ給付支給額が振り込まれます。

支給までの流れ

①ハローワークで「教育訓練給付金支給要件照会票」提出
 ↓
②受給資格を確認「教育訓練給付金支給要件回答書」を受け取る
 ↓
③当校へ予約~入校(回答書ご持参ください)
  ↓
④卒業検定合格後「教育訓練修了証明書」を受け取る
  ↓
⑤ハローワークへ「教育訓練給付金支給申請書」提出
  ↓
⑥給付金の支給